水島臨海鉄道とは?
水島臨海鉄道は倉敷市駅〜三菱自工前駅を旅客運用、水島駅〜東水島駅と三菱自工前駅〜倉敷貨物ターミナル駅を貨物運用で運転するJR貨物グループの私鉄である。
車両について
旅客車両は西日本ではここだけしか見られないキハ20形(1日5往復。平日(不定期休日)早朝、夕方運転。)や、新型車両のMRT300形(列車の大半。)が運転している。
貨物車両では、DE10から部品を取って作ったDE70形やDE50形を保有している。
駅について
倉敷市駅・球場前駅・福井駅・浦田駅・三菱自工前駅は地上駅。また、全駅1面1線の駅。
西富井駅・弥生駅・栄駅・常盤駅・水島駅は高架駅。また、西富井駅・弥生駅は2面2線の駅。水島駅は2面3線の駅(のち1線は貨物専用線)。また、栄駅・水島駅はエレベーター設置駅。 貨物駅について
貨物駅は倉敷貨物ターミナル駅と東水島駅があります。
車両紹介
まだまだ工事中。しばらくお待ちを。